最短で確実に稼げるブログ作成を目指しています

【canonical属性】重要な役割を果たすだけに設定ミスを避けよう!

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
ふわりゆらりという楽しくも厳しいライフスタイルを送っているブロガーです!(笑)人の何十倍も楽しい人生を送るために、絶対やるべきこと。。やったらいいこと。。やっといたほうがいいこと。。などいろいろ書いてます。

URLの正規化で非常に重要な役割を果たすのが、canonicalです。

しかし、canonical属性と聞いて、効果や使い方を理解している方はそう多くはないのではないでしょうか。

「canonical属性」は正しく使うことで、評価を集約して統合することができます。

ところが、設定を間違えると検索結果から削除されてしまうなど、注意が必要になってきます。

今回は、「canonical属性」についての解説です。

 

canonical属性とは?

 

 

「canonical属性」(カノニカル属性)は、URL正規化のためのタグです。

URLの正規化というのは、同じコンテンツを表示する複数のURLのうち、一つを正式なURLと見なすよう検索エンジン向けに記述する方法です。

例えば、以下に表示されているような場合、表示されるページの中身が同じでも、複数のURLが考えられます。

  • wwwの有無:

www.allegro-inc.com/allegro-inc.com

  • パラメータの有無:

www.allegro-inc.com/?ref=blog/www.allegro-inc.com(「?ref=blog」がパラメータ)

これらのURLは、Googleにとっては異なるページとして認識される場合があります。

canonical属性を使用することで、分散した評価を一つのURLに集約して統合することができます。

canonical属性は<head>内に

「<link rel=”canonical” heaf=”https://example.com/example.html(ここにURLを指定)”/>」

のように、統一したいURLを指定して記述します。

 

▼canonicalで評価を1つのURLにした場合

 

スポンサーリンク

 

canonicalの設定ミスを確認しよう

 

canonical属性の設定ミスで多いケースを紹介します。

Webサイト内の全てのページで、次のようにトップページのURLを指定してしまっているケースです。

「example.com」はWebサイトのトップページと仮定します。

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/”>

全ページの評価をトップページに集め、あらゆるキーワードでトップページが表示されるようにしたいと考え、全てのページでトップページに向けてcanonical属性を記述している誤ったケースをみかけることがあります。

canonical属性で指定するURLは、あくまで類似コンテンツまたは完全に同じコンテンツが表示されていなければなりません

URLの指定法法には、「相対パス」と「絶対パス」の2種類があります。

相対パスは現在の位置関係をもとにした指定方法で、

「https://example.com/contact.html」

のページから同じトップディレクトリにある「company.html」へリンクする際には、

「<a href=”/company.html”>会社概要</a>」

と記述します。

絶対パスでは、

「<a href=”https://example.com/company.html”>会社概要</a>」

のように、「http://」や「https://」から始まるURLを記述します。

canonical属性で指定するURLは両方とも正しく処理されますが、httpやhttpsを含めることのできる絶対パスが推奨されています。

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/contact.html”>(絶対パス)

<link rel=”canonical” href=”/contact.html”>(相対パス)

絶対パスを指定したつもりが、誤って「https://」を省いて

「<link rel=”canonical” herf=”example.com/contact.html”>」

と記述してしまうと、

「https://example.com/example.com/contact.html」

を意味する誤った相対パスとなります。

誤ってcanonical属性で指定しても、Googleは記述を無視して処理しますが、そのまま処理されてしまう可能性もあります。

 

まとめ

 

ある程度大規模なサイトであるならば、canonical属性を使う必要がありますが、ごく一般的な数百ページ程度のWebサイトならば、危険性を鑑みてあえて使う必要はありません。

最近のGoogleはcanonical属性を指定しなくても、かなりの精度でどのページが重要なのかを自動的に判別することができます。

あえて使うなら、重要なページのHTMLソースコードを確認して、canonical属性の指定が正しいかチェックしておきましょう。

 

ここまでお疲れさまでした。

稼げるブログ!

開設方法からSEO対策・収益化までを徹底解説!

しかも、無料で配布しています。

あのWordPressを初心者でも、開設から収益化まで分かりやすくまとめ上げた豪華E-bookです。

是非この機会に、無料でゲットしてください。

しかも!!

今だけ、『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、E-bookの最後で。

 

 

あのWordPressの開設から集客・収益化がオンラインで学べる!

WPマーケティングスクール

 

初心者ではハードルが高いと言われるWordPressの初期設定から運営まではもちろん、専門的知識がなくても集客・収益化を学ぶことができます。

WPマーケティングスクールでは、初心者でも自分のペースで学ぶことができ、『正しい方法』を学び実践し続けることで必ず成果が出ます。

 

 

 

今なら、1か月無料!⇩

 

fuwaruyurariおすすめWordPressテーマ

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ふわりゆらりという楽しくも厳しいライフスタイルを送っているブロガーです!(笑)人の何十倍も楽しい人生を送るために、絶対やるべきこと。。やったらいいこと。。やっといたほうがいいこと。。などいろいろ書いてます。

SNSでもフォローお願いします!

 

Facebook

 

 カテゴリー一覧

 

初期設定

>>絶対導入するべき【WordPressプラグイン】導入方法と設定まで!

WordPressを始める場合に、これだけ入れておけば大丈夫というプラグインの紹介と設定方法を解説しています。まず、最初に導入して設定しておきましょう。

★おすすめ記事★

 

SEO対策

>>Googleアナリティクス登録・設定!【All in One SEO pack】に連動する方法!

ブログ運営していくうえでの必需品です。初心者にとっては少し難しいと言われますが、分かりやすく解説しています。是非最初に設定しておき迷う。

★おすすめ記事★

 

設定方法

>>【初心者】WordPressの始め方、”エックスサーバー契約と独自ドメイン”設定方法

WordPressを始めるには、サーバー契約が必要です。おすすめサーバー契約から設定方法まで詳しく解説しています。なぜ「エックスサーバー」がお勧めなのかも読めばわかります。

★おすすめ記事★

プラグイン

>>WordPressのバックアップ!サーバー会社だけに依存は危険?

バックアップはとても重要です。契約サーバー会社によっては有料・無料でやってくれますが、もしもの時を考えるとやはり自分で対処しておくのがお勧めです。

★おすすめ記事★

記事について

>>最後までブログ記事を読んでもらうための構成法

読者さんに記事を最後まで読んでもらうことで初めて集客ができます。そのためには、文章の構成がとても大切になってきます。この記事を読んで記事の構成について理解しましょう。

★おすすめ記事★

アフィリエイトについて

>>Amazonアソシエイトの登録方法!審査が通るのは簡単

みなさんブログを始めたらAmazonアソシエイトに登録しておきたいのではないでしょうか。登録方法とちょっとしたアドバイスを記事にしてみました。

★おすすめ記事★

便利ツール

>>商用利用ができる「Facebookページ」の作成方法【最新版】

ソーシャルメディア時代と呼ばれる現在、ブログ運営においてもFacebookは必需品ともいえますね。ここでは商用利用ができる「Facebookページ」の作成方法を解説しています。

★おすすめ記事★

趣味について

>>なぜ単独行(単独登山)をするのか?一人で山に登ること

趣味の登山について記事を書いてみました。このサイトのコンセプトには関係ないですが、暇なときに読んでみてくださいな。

★おすすめ記事★

  •  
  •  
  •  







Copyright© fuwariyurari , 2020 All Rights Reserved.