最短で確実に稼げるブログ作成を目指しています

あなたの記事に読者が必ず興味を引くタイトル作成法!5つのポイント

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
ふわりゆらりという楽しくも厳しいライフスタイルを送っているブロガーです!(笑)人の何十倍も楽しい人生を送るために、絶対やるべきこと。。やったらいいこと。。やっといたほうがいいこと。。などいろいろ書いてます。

記事のタイトルが本文より大切!だと聞くと、えっ?と思うかもしれませんね。

ところが、これは本当なんです。

あなたが書いた記事の内容がどんなにいい内容でも、タイトルが悪いと読者にスルーされて読んでもらえません。

せっかく書いた記事なのに、できるだけ多くの読者さんに読んでもらえるように、読者の目を引くタイトルの作成方法を学びましょう。

ここでは、記事のタイトルの重要性やタイトル作成についてのポイントについての解説です。

 

記事のタイトルの重要性とは

 

ねぇねぇ、akiさん。記事のタイトルが本文より大切だって本当なの?

あやっぴ

うん、本当だよ。でも、本文がどうでもいいってことではないんだよ。一生懸命書いた記事をできるだけ多くの読者さんに読んでもらうためには、記事のタイトルもとっても大切だということなんだよ。

aki

 

記事のタイトルは、記事の内容と同じくらい重要なんです。

あなたが、web検索した時に、記事を読むきっかけになるのは、まず記事のタイトルを重要視するのではないでしょうか。

多くの読者は、記事のタイトルを読んで、本文を読むかどうかを判断します。

SNSなどでは、タイムラインにタイトルだけが流れてきます。

タイトルが悪いとクリックさえしてくれません。

なかには、「タイトルなんかよりも、記事の本文が面白ければ大丈夫!」と考える方もいるでしょう。

しかし、どんなに素晴らしい内容の記事であっても、読んでもらえなければ、ただの自己満足で終わってしまいます。

「読まれない記事は存在しないのと同じ」ということです。

記事タイトルは重要です

記事のタイトルとは、あなたの書いた記事のコンセプトを示します。

面白くない、読者を惹きつけないタイトルになってしまうのは、記事のコンセプトが曖昧であったり、ブレているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

興味を引くタイトル作成法とは

 

それでは、どのようなタイトルにすればよいのでしょうか?

それは「自分ごと」と捉えてもらうようなタイトルにすることです。

「自分に関係ありそう」と思ってもらえるタイトルを付けるのがコツです。

例えば、商品名ではなく、商品を購入した後に実現する、快適な生活をイメージできるタイトルなどがよいでしょう。

 

 

上記のように、写真を撮る時にカメラに触れずにシャッターを切ることができる、ワイヤレスリモートコントローラーセットwr-10(ニコン)の記事タイトルでは「風景写真を手ブレ無しで奇麗に撮る方法」などはどうでしょうか。

 

では、ここからは興味を引くタイトル作成法についてのポイントの解説をしていきましょう。

 

タイトル作成法1:「あなたの~」からはじめる

 

記事のタイトルの最初の部分を「あなたの~」から始めることで、読者に自分に関係のある話題のように感じさせることができます。

沢山の人が、興味を持って読んでくれるでしょう。

 

タイトル作成法2:コンプレックスを刺激する

 

誰しも、コンプレックスを刺激されるタイトルには興味を示します。

自分自身のコンプレックスに感じていることへのタイトルや、将来の不安などについてのタイトルに対して、多くの人は興味を示すでしょう。

 

タイトル作成法3:タイトルの最後に「~の方法」「~の理由}を付ける

 

「~の方法}や「~の理由}という言葉は、読者の知的好奇心を強く刺激します。

手っ取り早く知識を身に付けたい人々の欲望をキャッチするにはもってこいの方法です。

 

タイトル作成法4:数字を入れる

 

タイトルに数字を入れる事によって、説得力がアップし読者の興味を刺激します。

例えば、「あなたのブログが読まれやすくなる方法」

よりも

「あなたのブログが10倍読まれやすくなる方法}

の方が、説得力がありますね。

ただし、根拠のある数字であることが前提です。

知恵を絞って、数字をタイトルに入れてみましょう。

 

タイトル作成法:キャッチコピーを真似る

 

有名なキャッチコピーや、書籍名を真似てみるのも良い方法です。

本屋さんに並んでいる書籍を見ていると、よく考えられたタイトルだなぁと思うものがたくさんあります。

これらを真似て、自分の記事のタイトルに当てはめた言葉に変えてみるのもよいでしょう。

 

「あなたの~」「~の方法」「~の理由}などは、使いやすいのでついつい多用しがちなものです。

しかし、似たようなタイトルが続くと読者さんは飽きてしまいます。

ここぞ!という記事で使うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

一度ヒットしたタイトルの形は、他の記事でもアレンジして使うことができます。

また、他のブログの人気記事のタイトルを参考にして、使える形を増やしていくこともよいでしょう。

人を惹きつける魅力的なタイトルを付けなければ、記事を読んでもらえません。

また、単に商品名をタイトルに入れるのではなく、商品を買ったあとに待っている快適な生活をイメージさせるようなタイトルを心掛けましょう。

何度も言いますが、記事のタイトルは大切です。

 

稼げるブログ!

開設方法からSEO対策・収益化までを徹底解説!

しかも、無料で配布しています。

あのWordPressを初心者でも、開設から収益化まで分かりやすくまとめ上げた豪華E-bookです。

是非この機会に、無料でゲットしてください。

しかも!!

今だけ、『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、E-bookの最後で。

 

 

あのWordPressの開設から集客・収益化がオンラインで学べる!

WPマーケティングスクール

 

初心者ではハードルが高いと言われるWordPressの初期設定から運営まではもちろん、専門的知識がなくても集客・収益化を学ぶことができます。

WPマーケティングスクールでは、初心者でも自分のペースで学ぶことができ、『正しい方法』を学び実践し続けることで必ず成果が出ます。

 

 

 

今なら、1か月無料!⇩

 

fuwaruyurariおすすめWordPressテーマ

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ふわりゆらりという楽しくも厳しいライフスタイルを送っているブロガーです!(笑)人の何十倍も楽しい人生を送るために、絶対やるべきこと。。やったらいいこと。。やっといたほうがいいこと。。などいろいろ書いてます。

SNSでもフォローお願いします!

 

Facebook

 

 カテゴリー一覧

 

初期設定

>>絶対導入するべき【WordPressプラグイン】導入方法と設定まで!

WordPressを始める場合に、これだけ入れておけば大丈夫というプラグインの紹介と設定方法を解説しています。まず、最初に導入して設定しておきましょう。

★おすすめ記事★

 

SEO対策

>>Googleアナリティクス登録・設定!【All in One SEO pack】に連動する方法!

ブログ運営していくうえでの必需品です。初心者にとっては少し難しいと言われますが、分かりやすく解説しています。是非最初に設定しておき迷う。

★おすすめ記事★

 

設定方法

>>【初心者】WordPressの始め方、”エックスサーバー契約と独自ドメイン”設定方法

WordPressを始めるには、サーバー契約が必要です。おすすめサーバー契約から設定方法まで詳しく解説しています。なぜ「エックスサーバー」がお勧めなのかも読めばわかります。

★おすすめ記事★

プラグイン

>>WordPressのバックアップ!サーバー会社だけに依存は危険?

バックアップはとても重要です。契約サーバー会社によっては有料・無料でやってくれますが、もしもの時を考えるとやはり自分で対処しておくのがお勧めです。

★おすすめ記事★

記事について

>>最後までブログ記事を読んでもらうための構成法

読者さんに記事を最後まで読んでもらうことで初めて集客ができます。そのためには、文章の構成がとても大切になってきます。この記事を読んで記事の構成について理解しましょう。

★おすすめ記事★

アフィリエイトについて

>>Amazonアソシエイトの登録方法!審査が通るのは簡単

みなさんブログを始めたらAmazonアソシエイトに登録しておきたいのではないでしょうか。登録方法とちょっとしたアドバイスを記事にしてみました。

★おすすめ記事★

便利ツール

>>商用利用ができる「Facebookページ」の作成方法【最新版】

ソーシャルメディア時代と呼ばれる現在、ブログ運営においてもFacebookは必需品ともいえますね。ここでは商用利用ができる「Facebookページ」の作成方法を解説しています。

★おすすめ記事★

趣味について

>>なぜ単独行(単独登山)をするのか?一人で山に登ること

趣味の登山について記事を書いてみました。このサイトのコンセプトには関係ないですが、暇なときに読んでみてくださいな。

★おすすめ記事★

  •  
  •  
  •  







Copyright© fuwariyurari , 2019 All Rights Reserved.